野菜不足の現代日本人が取るべき二つの手段とは青汁

スーパーに行くと、入り口を入ってすぐに必ず置いてある商品と言えば野菜です。緑色をした野菜や、赤色、黄色など実に様々な色をしています。本当に自然界からの恵みなのだろうかというくらいたくさんの商品が並び、私たちは野菜を手軽に食べられる時代となりました。

野菜があまり好きではない

しかし、野菜が大好きという人を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。特定の野菜が好きという人がいたとしても、野菜全般にわたって全て好きという方を見かけたことはあまりないかと思います。むしろ野菜が嫌いでどうしても避けてしまうという方の方が多いでしょう。

味気のなさが原因だろう

原因として考えられることと言えば、野菜特有の味気のなさです。みずみずしいとか、甘みがあるといった特徴はあるものの食べたところで満足感はあまり得られないし単調な味をひたすら楽しむかのような感覚に陥ってしまいます。脂っ気のある野菜や、肉のようなうまみのある野菜であれば食べるのにとお考えになる方も少なくないでしょう。

うまみのある野菜を食べることも必要

野菜は全般的に味気がないことが特徴ではあるものの、「うまみ」のある野菜を一度食べてみることをオススメします。少しばかり値段は高くなってしまいますが、有名な生産地や生産者さんが作った野菜を食べると野菜への印象が変わるかも知れません。

また、野菜には旬というものがあります。例えばなすやトマトは夏野菜ですから夏にもっともおいしくなります。トマト嫌いな人がトマトを食べられない理由も、実は旬ではない時期においしくないトマトを食べてしまったことが原因かも知れません。

おいしい野菜が見つかるまでは青汁で栄養を補充する

ただ野菜嫌いを直すのにはそれなりに時間がかかります。ところが私たちの身体は野菜が持つ栄養素を欲している状態です。こんな時にどうしたらよいかと言えば「青汁」を使って栄養を補充してみましょう。昔はまずい青汁が一般的でしたが、最近は原料の厳選や製造方法の変化によりずいぶんおいしい青汁なりました。

あなたの健康は野菜や青汁で作られる

健康な生活を送るためには、食べ物全般を好き嫌いなく食べることが必要です。野菜を食べることも是非意識していただきたいのですが、無理ならば青汁で栄養を補充してもかまいません。大事なことは毎日の神仙桑抹茶ゴールド 成分のバランスを整えると言うことであり、難しいところに関しては青汁を補充すると言うことです。

まずいなんて言わせない!研究者が施した青汁の工夫とは?

工夫を施すことは、人間のみならず動物が広く行っていることです。蜂の巣が六角形になっている理由は、蜂が「この形ならば様々な衝撃に耐えられる」と発見した工夫をずっとつつけているからです。虫にも出来る工夫を、私たち人間が出来ないはずなどありません。

まずい青汁と言わせたくない

従来、青汁は「まずいもの」といわれてきました。青汁を作っている会社もいよいよ開き直ってしまい、テレビコマーシャルで「青汁はまずい」ということを強調していたくらいです。しかし自分たちが作っている商品を、まずいまずい言われるのはあまり気持ちの良いことではありません。「まずい青汁と言わせたくない」という気持ちを持った会社が、現在主流の「おいしい青汁」を作り上げたのです。

昔の原材料はどんなものだったのか

まずいには理由があると考えた彼らは、原材料に工夫を施すこととしました。というのも青汁の原材料である「ケール」は、そのままでは大変まずい食材として知られています。ケールは生のまま食べても調理してもまずいのですが、栄養素が豊富に含まれています。またキャベツのご先祖様に当たる野菜です。

原材料を変えて飲みやすく栄養満点に

青汁の製造会社は、ケールを使うことをやめ「大麦若葉」という野菜へとシフトするようになりました。大麦若葉はその名の通り、大麦の若葉のことでケールほどクセがあるわけではありません。つまりクセの強すぎるケールを使うのではなく、大麦若葉を中心にしてクセが少なく飲みやすい青汁を作ろうとしたのです。ただ、大麦若葉だけでは栄養素が足りない部分もあるためそこを補う材料としてケールを入れました。

子どもも飲むものだから

健康になるための飲み物である以上、誰が飲むかなど年齢や性別を問わない青汁。当然、小さなお子さんが飲んだって大丈夫なように作られています。原材料の選定時にも、安全な国産を使うとか危険な農薬が入らないようにと細心の注意が払われているのです。だからこそ、おいしくて安全な青汁を私たちは飲むことが出来るようになりました。

おいしいからこそ続けられる

おいしくなかったとしたら青汁は続けられません。人間は辛いことを長く続けられるほど、強い忍耐力を持ち合わせていないためおいしい飲み物でなければ今時青汁など売れないことでしょう。原材料に工夫を施し、おいしい青汁を作ることに成功した研究者達の熱意や心意気には本当に頭が下がりますね。